CROT 類似文章自動検索ソフト
【販売形態】
CD−ROMでのお届けになります。

(インストール・マニュアルはCD−ROMの中に記載しております)
 
昨今インターネットの普及により、論文などへのネット上から他人の書いた文章や、ウィキペディアなどの記述を、そのまま利用する引用論文などが急増しており、学士論文に至っては7割以上が流用を行っていると推測される国もあり、近年の日本も、その例外ではありません。

しかし現在欧米で普及している論文検索ソフトの主流には、日本語に対応するものがなく、提出された論文・レポート・リサーチペーパー・その他全ての文章からの類似検索、転用を判定することは不可能でした。

セルゲイ教授により開発された「CROT」は、業界初の機能を多く兼ね備え、日本語にも対応した高速盗作検索ソフトです。
PCにインストールする事で、簡単にコピー&ペースト等の類似検索を行うことが実現できるようになりました。

※セルゲイ博士のチームは、2007年より世界各国の研究者が参加し、毎年欧州で行われる、「盗作論文ソフトコンテスト」で毎回上位に入賞し、その高い精度は実績が証明しています。


 

業界最速の類似文章検索
最新の人工頭脳(AI)技術を駆使し日本語を含む9ケ国語の文章に対応
高精度(95%以上)で分析可能な「CROT」の日本語版が初上陸
多機能でありながら低価格

「CROT」は世界各国で販売され、既に海外では多くの研究者の方々にご愛用頂いております。



CROTの特徴

引用・盗作・コピー&ペーストなどの検索照合
論文検索ソフト「CROT」は、学生の論文を始め、投稿前のリサーチペーパー、スピーチ原稿など、あらゆる文章をネットで照合検索を高速で行うことが可能なソフトです。
文章に書かれている内容がネット上のどのサイトのどの部分と同じかを照合する事ができ、どの部分がどのURLに書かれているのかの部分アドレスと、その部分の対比文章が色分けされ、解り易く処理された検索結果が表示されるので、引用率や必要な個所を素早く、簡単に判断する事ができます。
照合入力できるファイル形式 9ケ国語に対応 類似検索
pdf、doc、docx、
text、rtf、ppt、
pptx

日本語、英語、ドイツ語、
フランス語、ロシア語
スペイン語、ポーランド語、
中国語、韓国語
論文、レポート、リサーチペーパー等全ての文章


高速検索 文章引用・盗作転用元のURL
検索範囲は全てのネット上のテキストからdoc(例:卒業論文)各ページ数十秒で検索
引用率を%表示、
転用元のURL表示






OS Windows XP SP3以上(32bit)、
Windows Vista SP2以上(32bit/64bit)、
Windows 7(32bit/64bit)
CPU Intel Celeron1GHz以上(デュアルコア2GHz以上推奨)
※ 64bit環境では1.5GHz以上が必要です。
メモリ 800MB以上(2GB以上推奨)
HDD 13GB以上の空き
※3GBをシステム領域に、10GBをデータ保存領域に使用します



適切な引用なのか盗作コピー&ペーストであるかの違いをCROTはどのように判断するのですか?
CROTには多くの文章元のソースを挙げる事ができる方法がありますので、CROTはそれらの文章の類似個所を強調表現し、コピー&ペーストを参照した上で、類似性を適切な引用かどうか判断できます。

構文または別の単語をどのようにCROTはヒットさせるのですか?
設定によって、CROTは非常に細かい検索を行うことができます。
ある文章で1つまたは2つの単語だけが変更されている場合でも、類似性を見つけて表示します。但し、パラグラフ・センテンスは検出しませんのでご注意下さい。

特許等の検索にCROTを使用することは可能ですか?
CROTはWEB上で同様の文章を検索するために開発されました。
WEB上に公開されている特許出願(先行例等)のファイルにテキストを含んでいる場合は使用可能です。

CROTはどの位多くのソースを検索することができますか?
CROTは一緒に検出された全ての情報源を取りだすユニークなレポートをもっています。
例えば、WEBのドキュメントでA.B.Cがコンパイルされて、AとCがかなり重複している不審な文書の場合、全ての類似性をリンクするレポートを一緒に作成し、盗用材料の合計の割合を計算します。